納豆はお湯で柔らかくした大豆を米藁に含まれている微生物の納豆菌を温かい温度のまま付着させて菌糸を伸ばさせることによって発酵させてできる食材です。納豆には特筆すべき栄養成分が2つあります。大豆自体が別名畑の肉と言われるほど栄養が豊富な食材ですが、その大豆に納豆菌を付着させて発酵させると納豆菌の独特の成分が作り上げられるのです。

その納豆菌の出す栄養成分の代表なのがナットウキナーゼであり、ナットウキナーゼは納豆菌が繁殖をするために出す特殊な酵素であり独特の粘り成分の一部です。ナットウキナーゼには体内に吸収されると胃腸の血管から全身に回り、血流に乗って血管内のプラークに効果を発揮します。

近年年齢を問わずに深刻化しているのが脳や心臓など重要な臓器に悪影響を与える高血圧ですが、その高血圧の原因の一つが血管内に溜まった老廃物であるプラークが血流を妨げるためです。そのプラークに対してナットウキナーゼはお互いが密着して固まっている状態を溶かすことによって血流が流れやすくすることで高血圧予防につながります。

そしてもう一つが、食べ物を食べることができるようになる3歳から成長期の終わりまでとなる18歳までの年齢において必要になるアルギニンです。アルギニンは鉄分といったアルカリ成分の一つであり、アルギニンを取ると脳や胸のあたりにある甲状腺に作用して成長ホルモンを分泌してくれます。

成長ホルモンを分泌すると目に見える効果としては身長が高くなることですが、それ以外にも骨の強度を上げたりまた納豆きな―是の効果を上げる血流促進そしてアンチエイジング効果に糖分の分解を助けたりします。納豆は体に良いものなのでどの時間帯でも良いですが、しかし本当に良い結果を生み出したいときには夜に食べることが良いです。

夜に食べるのが良いのは寝ている最中に起こるからの変化が関係しており、就寝は体内の酵素が働くことによって成長ホルモンの分泌や代謝が促進されることになります。そこで夜に納豆を食べておくことで体内で働く酵素の手助けとなり、朝起きた時の高血圧予防を含めた健康効果を得ることができます。

【初心者講座】ナットウキナーゼとは何?ナットウキナーゼの効果

記事一覧

▲ページトップに戻る