納豆菌ってどんな働きをしてくれる菌なの?

人の体内には腸内細菌と呼ばれるたくさんの細菌がすんでいます。腸内細菌は消化を助けたり免疫力を高めたりビタミン、ミネラル、たんぱく質、酵素などと腸内環境を整える大切な役割を果たしています。

腸内細菌の中でよい働きをするものを善玉菌、悪い働きをするものを悪玉菌といいますがこれらの腸内細菌が相互に作用していろいろな酵素を作り腸の掃除をしています。

大豆を納豆菌で発酵させた納豆は乳酸菌や酵母菌、ビフィズス菌など一緒に特殊な酵素を作りだし善玉菌を増やす作用があります。

毎日食べることで整腸作用を促す健康食品です。善玉菌は身体によい働きをしてくれ身体に悪い悪玉菌の増加を抑えてくれます。善玉菌が増えると腸の調子が整えられ病気にかかりにくいからだになり便秘改善効果もあります。

納豆菌は腸の中で納豆自身も善玉菌になりますが乳酸菌などのほかの善玉菌も増やす作用があります。納豆の原料である大豆は善玉菌のえさになり便秘を解消する効果があるので整腸作用に優れた食材です。

便秘は腸の免疫力低下と蠕動運動の低下により起こるものです。腸の免疫細胞を助けることが整腸作用を促すことになります。納豆のねばねばにはポリグルタミン酸が豊富に含まれているのでたくさん摂取することで腸の免疫力を高めることができます。

納豆は便秘改善効果があるだけでなく体にとって様々な良い効果をもたらしてくれる健康食品です。ポリグルタミン酸は保湿効果が高く化粧品としても利用でき注目されています。ポリグルタミン酸は肌の表面に膜を作る作用があり新陳代謝を促す力があります。

乾燥した肌を修復し健康な肌の再生に効果があります。納豆は美肌効果やがん予防、骨粗しょう症などの予防にも効果がある健康食品です。

納豆は善玉菌の定着が短時間なので毎日食べると効果的です。水溶性食物繊維を含むわかめやリンゴ、カボチャと食べるとよいです。乳酸菌を含むヨーグルトも一緒に食べるとより効果的です。

▲ページトップに戻る